誰もが安心して働き暮らせる社会をつくるための学習と交流の場

FrontPage

東京学習会議

 東京学習会議は、誰もが安心して働き暮らせる社会をつくるための学習と交流の場。
 さまざまな教室・講座を開催しています。
 労働運動・社会運動における理論と実践、社会科学や経済学の学習などに関心のある人は、どなたでもお気軽にご参加ください。


最新の情報


◆2017年「新春のつどい」があります

新春のつどい

日時:1月28日(土)13:30~
場所:全労連会館3階会議室
参加費:
 第1部の学習講演は、無料
 第2部の懇親会は、会費1000円
※第2部の申込は締め切りました。第1部のみの参加も大歓迎です。
※参加される方は、事前にご連絡下さい。

第1部 学習講演
講演①
「AEQUITAS(エキタス) は何をめざすか」
原田仁希(青年ユニオン/エキタス)
反貧困の視点から若者の要求を可視化する戦略と運動について、「最賃1,500円」要求の意味と、その先に開ける可能性を中心にお話しいただきます。

講演②
「労働運動の組織化戦略と課題」
後藤道夫(都留文科大学名誉教授)
2017 年労働運動が社会的影響力を取り戻すために、何が求められているのか。職種別組織化戦略の可能性を中心に、ストライキ闘争にも触れながら労働運動再生の展望についてお話しいただきます。

第2部 懇親会

【申込・連絡先】 
東京学習会議

文京区湯島2-4-4全労連会館5階 TEL.03-5842-5646 FAX.03-5842-5647 gakusyuukaigi@gmail.com 




「東京の労働運動研究会」シリーズ「業種別・職種別労働運動研究会」の案内ページを公開しました
こちらをクリック!

業種別職種別研究会 (第1回伊藤さん)




◆2017年資本論講座の案内ページを公開しました
上の「資本論講座」タブ、あるいはこちらをクリック!


◆2016年東京労働学校第131期の開校案内ページを公開しました
上の「東京労働学校」タブ、あるいはこちらをクリック!

NEW! 131期税金と政治講座現代社会講座の詳細を公開しました(16.09.30)


◆2016年東京労働学校第130期の内容は「過去の教室・講座」に移動しました
左メニューの「過去の教室・講座」からご覧いただくか、こちらをクリック!

4月に開講した「渡辺治の現代政治講座」の内容を講師みずから紹介します!

講座の詳細はこちら

◆東京の労働運動研究会 ~ドイツの労働運動~
2月10日(水)、学習理論委員会主催で第5回「東京の労働運動研究会」をおこないました!

テーマは「ヨーロッパの労働組合の仕組みと現状・課題――ドイツの場合」。
労働組合と経営者団体とのあいだの労働協約にもとづいて各産業・職種の労働条件を決定する伝統がつづいてきたドイツ。
そのドイツで、なぜ・どのようにして法定最低賃金制が導入されたのかや、金属産業労組IG Metallや統一サービス産業労組Ver.diをはじめとしたドイツの労働組合のたたかいの工夫について学びました。

東京の労働運動研究会ドイツでは、法定最低賃金制導入後、正規雇用約9万人増





◆2016年 新春のつどい開催
1/23(土)、新春のつどいを行いました!
みなさん、今年の抱負を述べ合いながら、安倍政権に立ち向かうべく、いっそうの飛躍の年にしようと励ましあいました。


姉歯暁姉歯暁さんの講演(駒沢大学教授)
講義風景講演に聞き入る参加者
大山とも子大山とも子さん(東京都議会議員)
松森陽一松森陽一さん(東京地評事務局長)
JALJALの原告の方
いろそらいろそら!合唱団のみなさんによる合唱





◆2016年 新春のつどい
 2016年を労働運動・学習運動の飛躍の年にすべく、会員向けのつどいをひらきます。

 日にち:1月23日(土)
 場所:新宿農協会館8階大会議室
 会費:無料
 *準備の都合上、参加される会員の方は、左記連絡先までお知らせください。

■第1部 会員学習会(新春のつどい記念講演)
 テーマ:アベノミクス「新三本の矢」のゆくえ
 講師:姉歯 暁(駒澤大学教授・東京労働学校卒業生)
 時間:13:15~14:45

■第2部 新春のつどい懇親会
 時間:15:00~16:20
 会費:1,000円






a:16685 t:16 y:46

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional