誰もが安心して働き暮らせる社会をつくるための学習と交流の場

東京労働学校

東京労働学校

2019年 第136期の開講案内

日朝近現代史講座―変貌する朝鮮半島と日本の課題

※第3回、第4回の会場は下記のとおり変更いたしますので、ご注意ください。

 詳細はこちら

136期「日朝近現代史講座

日程:4月6日、13日、20日、27日(毎週土曜日)18時30~21時
会場:第1回・第2回 東京労働会館7階「ラパスホール」
   第3回・第4回 全労連会館2階ホール(前半分)
会費:5,000円(単発受講1,500円)
講師:加藤 圭木(かとう・けいき) 朝鮮近現代史
   李 玲実(リ・リョンシル) 朝鮮女性史、在日朝鮮人史
   崔 仁鐵(チェ・インチョル) 韓国近現代史
   米津 篤八(よねづ・とくや) 朝鮮現代史、翻訳家

チラシ(PDF)


※ご要望により、音声受講(動画視聴可)、DVD受講を受け付けます。

 ○音声受講:4,000円
  下のバナーをクリックして受講申込みページからお手続きください。

 ○DVD受講:6,000円
  DVDの種類をご確認のうえ、メールあるいはFAXでお申し込みください。
  DVDの種類は下のバナーをクリックしてご確認ください。
 
音声受講申込ページへ 画像の説明


社会保障講座

 詳細はこちら

136期「社会保障講座

日程:5月13日、20日、27日、6月3日、10日、17日
   毎週月曜日、19時~21時
会場:全労連会館3階
講師:後藤道夫(都留文科大学名誉教授、東京労働学校長)
   松尾夕美子(大田病院 医療ソーシャルワーカー)
   末永睦子(明星大学非常勤講師、現職ケアマネージャー)
   稲葉剛(東京つくろいファンド代表理事、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授)
会費:教室受講7,500円、音声受講6,000円、CD受講9,000円、1回聴講1,500円

チラシ(PDF)

音声受講申込ページへ 画像の説明 画像の説明





2018年 第135期の開講案内

実践・働くものの労働法Ⅱ

詳細はこちら

135期 実践・働くものの労働法Ⅱ

日程:10月4日、11日、18日、25日、11月1日、8日、15日、22日(毎週木曜日)19:00~21:00
会場:東京労働会館地階(大塚)
共催:東京地評(予定)
会費:教室受講12,000円、CD受講14,000円、音声受講9,600円
   単発受講2,000円
講師:今村 幸次郎(自由法曹団・前幹事長、旬報法律事務所弁護士)
   指宿 昭一(東京労働弁護団事務局長、暁法律事務所弁護士)
   青龍 美和子 (東京法律事務所弁護士、首都圏青年ユニオン顧問) 
   杉井 静子(弁護士、労働者教育協会副会長、ひめしゃら法律事
   務所所長)
   寺間 誠治(東京学習会議副会長)

 チラシ(PDF)


音声受講申込ページへ 画像の説明







a:14936 t:1 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional