誰もが安心して働き暮らせる社会をつくるための学習と交流の場

学習版資本論

学習版資本論

1970年代に資本論講座の学習運動実践をもとに宮川實氏(故人)が翻訳した『学習版資本論』。
随所に関連する古典文献の抜粋紹介や解説を配して、資本論学習運動で重宝されましたが、長らく絶版となっていました。

「ぜひ再刊を」の声もあり、現在、宮川彰氏の監修のもと再刊作業が進められています。

『資本論』学習運動の成果がここに結実

カール・マルクス著 宮川 實 訳・宮川 彰 監修

学習版資本論⑦

『学習版 資本論』 チラシはこちら

再刊『学習版資本論』の特徴
 (宮川彰 首都大学東京名誉教授)

●豊富な「学習資料」で論争点の背景・含蓄を懇切に解説
●論旨をはずさない、的確な道しるべ=頭注に小見出し
●邦訳初の横組みレイアウトでイメージ一新の読みやすさ
●資本論講座で鍛えぬかれたわかりやすい訳語表現

現在、全13分冊中第7分冊まで刊行されました。
お問合せ・ご注文は東京学習会議まで。





a:4000 t:9 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional