誰もが安心して働き暮らせる社会をつくるための学習と交流の場

2019年137期の教室・講座

2019年137期の教室・講座

日朝近現代史講座 歴史と責任~日本の植民地支配責任と過去清算の課題

 詳細はこちら

137期「日朝近現代史講座」

日程:9月7日、14日、21日、28日、10月 5日19日
 毎週土曜日 18時30~21時 事情により最終日の日程を変更しました
会場:東京労働会館7階「ラパスホール」
会費:6,500円(単発受講1,500円)
講師:
加藤 圭木(かとう・けいき) 一橋大学大学院准教授、朝鮮近現代史
洪 昌極(ホン・チャングク) 一橋大学大学院、歴史学専攻
川上 詩朗(かわかみ・しろう) 弁護士、日弁連日韓弁護士会戦後処理問題共同行動特別部会部会長
岡本 有佳(おかもと・ゆか) 編集者、Fight for Justice「慰安婦」問題サイト運営委員、「表現の不自由展・その後」実行委員

 チラシ(PDF)

音声受講申込ページへ 画像の説明





a:35 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional